スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

取引スタイルを考える、詳細編

過去の記事はこちら:口座開設への道

デイトレードタイプ

一日の中で特定の株式を安く売って高く売る、ということを繰り返すことで利益を得る取引スタイルです。

みなさまもご存じの通り、この取引スタイルの特徴はこのような感じです。
・取引回数を増やして、小さな利益を得ることをメインにする。塵も積もれば山となる。
・取引を翌日まで持ち越さず、すべて精算しリスクを減らす。その代わり大きいリターンも無い。(買った株はその日に売る)
・基本的には、取引時間中は株価の動向を常に見張っておく必要がある。当然日中の仕事を持っている人には厳しい。

この取引スタイルは以下のような人に向いていると思います。
・比較的時間に余裕がある。
・株取引をパチンコやスロットのようにゲーム感覚で楽しみたい。
・投資額に対して少量の程度の利益が出れば満足。

昔はこのような取引をするのは大変でしたが、
最近はネットをつかった証券取引が発達し簡単にできるようになってきました。

証券会社を選ぶ上でのポイントは、やはり手数料です。
取引回数が多くなるため少しの違いが大きく効いてきます。
また、取引のやりやすさ、つまり取引ツールの使いやすさや機能も重要な選択基準になってきます。

スイングトレードタイプ

デイトレードタイプよりも取引回数を減らし、取引を翌日以降に持ち越すという取引スタイルです。
その日に取引を精算することもあれば2週間程度持ち越すこともあります。

もう少し詳しく説明すると、デイトレードは一日の株価の動きを予測したり「株価は細かく上下する」ということを利用し、その上下した差で細かく売り買いしていく方法です。
それに対し、スイングトレードは「株価は、長い期間で見ると一定周期で繰り返して上下する」ということを利用し、安値圏で仕入れた株を高値圏で売り、また安値圏で買い戻すという方法です。

つまり、利益を出すために着目する「株価の特性や周期」が違います。
よく「デイトレード」と「スイングトレード」を混同し、
デイトレードをするつもりだったのにずるずると翌日以降に持ち越してしまいがちですが
これはあまり良くないと言えます。

証券会社を選ぶ上でのポイントですが、もちろん手数料も無視できません。
それに加えて、
・損切りをするため逆指値やリレー売買などの取引機能が充実しているか
・PTS が使えるか(取引終了後も売買でき、持ち越しリスクを抑えることができます)
・サーバトラブルなどによって取引ができなくなることはないか
ということも重要です。
各種取引機能やPTSの使い方については、後日詳しく考えてみたいと思います。

中長期投資タイプ

今までの紹介した取引スタイルは、「株を安く売って高く売る」というように
株の売買そのもので利益を得る方法でした。

株の売買は、人対人の売買取引なので、
「安く買って高く売った人」の影には「高くで買って安く売った」人もいます。
要するに売り買いタイミングのテクニックが重要になってきます。
そして、株価を操縦する力、つまり資金力が大きい人に有利な世界だと言えます。
資金力がない人はテクニックで対抗するしかありません。

それに対し、中長期投資と呼ばれる取引スタイルは、
株を持ち続けることによって利益を得る、つまり配当を目的とした取引スタイルです。

配当は、会社の利益を株主に還元する仕組みで
株を持っている人には一定期間ごとに会社の利益の一部が支払われる、というものです。
これは銀行預金でいう利子に似ていますが、
いくら配当がもらえるかはその年の会社の業績によりますので
簡単に予想することはできません。全く貰えないこともあります。
そのため、念入りな企業研究が必要になってきます。

証券会社を選ぶ上でのポイントは、スクリーニング機能の充実など
企業研究のための情報が得やすいかということがあげられると思います。
手数料は安いに超したことはありませんが、
取引回数よりも一回の取引額が大きくなるため
重視する手数料プランは変わってきます。
この手数料プランについても後日もう少し詳しく考えてみたいと思います。

余談ですが、スイングトレードでも企業研究はもちろん必要です。
ただ材料(ニュースなど)を元に株価がどう動くかは大口投資家次第ということもありますので、
企業の業績を研究するよりも、その企業の株を取引する投資家の動きを研究した方が
うまくいくということも少なくありません。


これら同じようで違う取引スタイルについて理解は深まったでしょうか?
一部表現が不正確な部分があるかもしれませんが、
そこは説明を簡単にするためと言うことでご容赦ください。
スポンサーサイト

2009/02/08(日) | 口座開設への道 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

TAK

『No title』

リンクありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

2009/02/09(月) 21:12:05 | URL | [ 編集]

easystock

『Re: No title』

> リンクありがとうございます。
> 今後ともよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

2009/02/12(木) 22:28:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://easystock.blog86.fc2.com/tb.php/14-07e70f2e

投資は自己責任です。このブログの銘柄情報は参考程度にとどめ、最終的には自身の判断で投資を行ってください。

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。